組み換えメッセージ機能紹介

メールを配信するなら【もっと会員に合わせたメール文面】を配信したい。
それを解決するのが組み換えメッセージになります。

例えばお客様の年代別にメールを変更したい場合に通常のメール設定だと
10代用、20代用、30代用とそれぞれのメールを設定しないといけません。

ですが、組み換えメッセージなら共通部分、10代だけ表示、20代だけ表示と分けることが可能です。

画像のように、条件に該当する場合だけ、指定の文面を表示させるもしくは該当しているしてないで文面を出し分ける、ということが可能です。
通常のメールで設定しようとすると、例えば10代、20代…70代以上など、7つの選択肢があった場合は7通メールの設定をしなければいけません。
年代以外にも会員非会員で分ける記事も追加するとなると7×2で14通も設定しないといけません。

設定分けが大変になるから送り分けをしない、というかたはぜひ組み換えメッセージを
活用してピンポイントに刺さるメールをご配信ください。

組み換えメッセージのイメージ


通常のメールは一画面で文面を作成しますが、組み換えメッセージでは画像の場合「共通A(あるいはヘッダー)」・「10代の場合の文面」・「20代の場合の文面」・「共通B(あるいはフッター)」と4つ文面を設定いただき、それを組み合わせてメールを設定することで、自動的に組み変わるメールを設定します。

条件で使用できる項目

すべての項目で組み換えが可能なわけではなく、特定の項目で該当するかしないかを分けて作成します。
・性別
・都道府県
・セレクト
・マルチセレクト
・ブーリアン
・クリックカウント

注意事項

・組換えメッセージ内に設定できる文書数は、 20(コンテンツ数)×2(該当する・しない場合)の合計 40 個以内
・文書の合計サイズが 64 キロバイト(全角(2バイト)で約 32,000 文字)以内
・すべてを組換えコンテンツにした場合、条件に一切該当しない方の場合、空のメール文面が送られてしまう可能性がありますので、基本的には共通部分のヘッダー、フッターをご用意ください

操作手順について

実際の操作手順はマニュアルを御覧ください。

組み換えメッセージ