各種メール紹介

スパイラルではデータベースに登録されているメールアドレスにメールを配信することができます。
メルマガのように一斉に配信することも可能ですが、いくつか特殊な送り方が可能ですので、
その違いについて案内いたします。

メールの種類

メール配信には下記8種類のデータベースが存在します。
・EXPRESS配信
・EXPRESS2配信
・シークエンス配信
・タイムリー配信
・サンクス配信
・通知メール配信
※2021年8月時点

EXPRESS配信・EXPRESS2配信

SPIRALでメールを配信する場合は基本的に誰に配信するかという「リスト作成」と
どんな文面を送るかという「封筒制作」の2つを組み合わせてメールとして配信します。

EXPRESS配信では別々のメニューとなりますが、EXPRESS2は一画面でまとめて配信の設定ができるようになっています。
“2”とあるように後継の機能ですので、メールマガジンなどデータベースにあるアドレスに
一括で配信する際はEXPRESS2をご利用ください。

EXPRESS2配信

EXPRESS配信利用シーン

EXPRESS配信の活用方法として、組み換えメッセージがあります。
こちらはお客様のステータスに応じて、文面を出す出さないを
選択できる特殊な文面になります。

性別で文面を加えたり、商品の興味の状態に合わせて説明の度合いを
変えたりすることができます。
EXPRESS2で同じことを行おうとすると、パターン分メール設定を行わなければならず
かなり大変になってしまいますが、組み換えメッセージなら対応が可能です。

組換えメッセージ

シークエンス配信

一般的にステップメールとも呼ばれる登録から3日後にメールA、7日後にBのような日付を
元にした配信が可能です。
データベースに登録されている日付を元に配信することができるので、例えばセミナーの
開催日なんかをデータベースに登録することで、開催日の前日10時に『明日はセミナーです』と
確認のメールを送ったりすることが可能です。

シークエンス配信

タイムリー配信

対象とした日付を元に毎年メールを配信するメールです。
誕生日を指定すれば誕生日おめでとうメールになりますし、入会日を元にすれば
会員期限切れ間近メールやメンテナンスのお知らせメールなどといった配信が可能です。
シークエンスメールが条件に一致した時に一度だけ配信するメールになりますが、
タイムリー配信は毎年配信するメールになります。

タイムリー配信

サンクス配信

こちらはお問い合わせフォームに登録した際に配信する登録完了メールなどの
メールになります。
フォームから登録されると自動的に配信されるため、登録フォームなら登録されると、
更新フォームなら更新されると配信されます。

サンクス配信

通知メール配信

サンクス配信と基本は同じくフォームから登録・更新・削除があった際になりますが、
宛先が登録されたメールアドレス宛ではなく、管理画面から指定したメールアドレス宛になります。
宛先に例えば担当者様のアドレスを設定することで、お問い合わせの登録のたびに
「お問い合わせがありました、内容はこれこれです」と通知が可能です。

通知メール配信

以上になります。

たくさんのメールの種類がありますが、それぞれ使いこなすことで対応を自動化したりとぐーんと便利になるケースもたくさんありますので、
こんなケースの際はどのメールを使ったほうがいいだろうかなど、疑問質問ございましたらユーザーズデスクよりお呼び出しください。