スパイラル® フォームのHTMLソース編集方法と注意点

スパイラル®はHTML、CSS、JS、PHPなどを使いWEBフォームをカスタマイズすることができます。しかし、削除してはいけないタグ等もあります。

今回は、スパイラル®でフォームのデザインをカスタマイズする際の注意点について解説します。

1. 入力ページの編集(スパイラル®外のサーバ設置の場合)

編集元のソースは以下の手順でDLできます。

WEB>対象フォーム選択>入力ページ>ソースデザインにチェック>外部設置用HTMLのリモート用ファイル「デフォルトデザイン」もしくは「設定デザイン」
※デフォルトデザインはDBの項目を全て用意しているソース、設定デザインはフォーム設定での設定内容がHTMLに反映されている(項目を使用するかどうか等)ソースをそれぞれDLできます

入力ページの設定画像01

DLしたソース編集時の注意点は以下の4点です。

  • (1) formタグは編集不可
  • (2) nameの値は編集不可
  • (3) ラジオボタン、プルダウン、チェックボックスにおけるvalueの値は原則編集不可
  • (4) フォーム後方にある input type=“hidden”~ の項目は編集不可

HTMLソースの画像

2. 入力ページの編集

編集元のソースは以下の手順でDLできます。

WEB>対象フォーム選択>入力ページ>ソースデザインにチェック>入力ページ用HTML「デフォルトデザイン」もしくは「設定デザイン」
※デフォルトデザインはDBの項目を全て用意しているソース、設定デザインはフォーム設定での設定内容がHTMLに反映されている(項目を使用するかどうか等)ソースをそれぞれDLできます。

入力ページの設定画像02

DLしたソース編集時の注意点は以下の6点です。

  • (1) <!–SMP:DISP:REG:START–><!–SMP:DISP:REG:END–> は編集不可
    STARTとENDの間にあるソースがフォームのURLを開いた際、確認ページから戻った際などのエラーが発生していない状態のときに表示されます。
  • (2) <!–SMP:DISP:ERR:START–><!–SMP:DISP:ERR:END–>は編集不可
    STARTとENDの間にあるソースがエラーが発生した際に表示されます。
  • (3) formタグは編集不可
  • (4) nameの値は編集不可
  • (5) valueの値は原則編集不可
  • (6) $~$タグは編集不可
  • (7) フォーム後方にある input type=“hidden”~ の項目は編集不可

HTMLソースの画像02

3. 確認ページの編集
編集元のソースは以下の手順でDLできます。

WEB>対象フォーム選択>確認ページ>ソースデザインにチェック>確認ページ用HTML「デフォルトデザイン」もしくは「設定デザイン」
※デフォルトデザインはDBの項目を全て用意しているソース、設定デザインはフォーム設定での設定内容がHTMLに反映されている(項目を使用するかどうか等)ソースをそれぞれDLできます

入力ページの設定画像03

DLしたソース編集時の注意点は以下の4点です。

  • (1) formタグは編集不可
  • (2) nameが「confirm」のタグは編集不可
  • (3) $~$タグは編集不可
  • (4) input type=“submit”~value=“戻る”はvalue値以外は編集不可

HTMLソースの画像03