ログイン者のステータスによって表示画面を切り替える方法

マイエリアの機能を使ってログインしたユーザーのステータスによってログイン直後に表示される画面を切り替える方法について解説します。
この方法を活用することで以下のような要件に対応できます。

  • 会員ランクによって表示されるコンテンツ、画面を切り替える
  • 決済が完了していない会員に対しては有料コンテンツを表示しない
  • クーポン利用済みのユーザーにはクーポンを表示しない


1. 表示切替のパターン

スパイラル®のマイエリア機能で実現できる表示切替には以下の2パターンがあります。

  • ログイン成功後の画面切り替え
  • フラグによるログイン拒否

それぞれの仕様は以下の図の通りですので要件に合わせてどちらにするかを選択してください。

仕様図

2. 表示切替の設定方法(ログイン成功後の画面切り替え)

表示切替を設定したい、マイエリアの設定画面からログイン拒否設定の編集を選択します。

ログイン拒否設定の編集01

拒否する条件となる値が入っているフィールドを選択し、拒否条件を指定します。
ログインエラーではないページを表示したい場合は拒否後ジャンプ先URLを指定します。
設定後、変更を選択して完了です。

ログイン拒否設定の編集02

3. 表示切替の設定方法(フラグによるログイン拒否)

表示切替を設定したい、マイエリアの設定画面からログイン後TOPページの分岐設定を選択します。

ログイン後TOPページの分岐設定01

分岐に使用するフィールドを選択し、選択を押します。
その後、項目ごとにTOPページURLを入力していきます。
この時に入力するURLはスパイラル®のカスタムマイページやマイエリアと紐づけをしている一覧表のページのみとなります。
入力するパラメータはマイページURL表示を選択した際に表示される画面で確認する事が可能です。

ログイン後TOPページの分岐設定02