スパイラル®の%タグについて~種類と機能~

スパイラル®で情報変更フォームや退会フォームを作成する、マイページで会員情報を表示する、データベース内の情報をWEB画面上に表示する等のシーンで%タグを利用することがあります。
%タグを理解し、活用することで様々な仕様に柔軟に対応することが可能です。
今回は%タグについて解説します。


1. %val:usr:hoge%とは

%val:usr:hoge%はスパイラル®のDB内に入っている値を画面に表示するためのタグです。
hoge部分はDBの項目によって変わります。

%val:usr:hoge%を利用することで、ログイン後の画面に登録者の名前を表示したり、会員情報の変更画面で登録情報をフォームに表示させることができます。

ログイン後のブラウザ表示画像

一覧表の画像

2. %val:usr:hoge:***%とは

アスタリスク(***)部分にはフィールドタイプによって様々な値が入ります。

主に入力項目に対する値の引継ぎ用として利用されます。
例えばプルダウンやラジオボタン、チェックボックスなどの入力項目の場合%val:usr:hoge%で選択した値を戻してもHTML上では意味をなさないため、 %val:usr:hoge:***%とすることでcheckdやselectedを%val:usr:hoge:***%が入っている部分に挿入することができます。

下は%val:usr:hoge:***%形式と%val:use:hoge%形式の挙動とHTMLソースです。%val:usr:hoge%形式の場合はプルダウンで有効な形式(selected)で出力されないため、フォーム上に反映されません。

フォームの画像

HTMLソースの画像01

HTMLソース画像02

コロン( : )の後にどのような値を付けられるかは差替えキーワード(% タグ)一覧で確認できます。
差し替えキーワード一覧のリンクはこちら

3. 一覧表で使う%タグ

%タグはスパイラル®のDB内の情報を表示、検索することができる一覧表機能でも利用します。

一覧表の画像

上の画像は一覧表機能で作成されたサンプルです。
DB内の個人情報を検索する機能や表形式にして表示する機能があります。
スパイラル®の設定画面内では上のような一覧表はHTML内に%sf:usr:hoge%として記載します。

%sf:usr:hoge%と記載した部分に管理画面で設定した検索フォームの機能や一覧表示する項目が動的に組み込まれHTMLとして出力されます。

余談ですが、検索フォームが不要な場合は%sf:usr:hoge:table%とすることで表のみの一覧表を表示することも可能です。