マイエリアAPIを利用して会員情報を取得

ここではマイエリア認証関連のAPIであるarea/loginarea/mypageメソッドを活用して、カスタムマイページに書きだした会員情報を取得する方法を解説します。

次のような手順になります。

  • マイエリアの作成・カスタムマイページの追加
  • スパイラルAPIトークンの発行
  • ロケータAPIによりAPIサーバのURL取得
  • APIでマイエリアにログインしカスタムマイページのURLを取得
  • カスタムマイページに出力される会員情報を取得

マイエリアの作成・カスタムマイページの追加

会員情報を含むDBに対するマイエリアを発行し、カスタムマイページを作成します。手順は以下のとおりです。

  1. 「マイエリア設定」で発行したマイエリアを選択し、設定を呼び出します。
  2. 「カスタムマイページ」をクリックします。
  3. 「追加」ボタンを押します。
  4. カスタムマイページソース編集の画面で、マイページIDを確認します。「ページソース」の中には取得したいデータの差替えキーワードを設定します。(「差替えキーワード表示」を押すと一覧が表示されます)

ここでは会員DBにmailとnameというフィールドが含まれているものと想定しています。

スパイラルAPIトークンの発行

次にAPIトークンを発行します。APIトークン発行方法についてはリファレンスを参照下さい。

ロケータAPIによりAPIサーバのURL取得

マイエリアのAPIを実行する前に、ロケータサービスを使ってAPIサーバのURLを取得して下さい。

取得する具体的なプログラムについては他のチュートリアルロケータのサンプルプログラムを参照して下さい。また、ロケータに関してはリファレンスを参照下さい。

APIでマイエリアにログインしカスタムマイページのURLを取得

area/loginメソッドを使って、マイエリアにログインする際の情報(例:ID+パスワード)をパラメータとしてリクエストに渡し、セッションID(jsessionid)を取得します。

次に取得したセッションID(jsessionid)を使って、area/mypageメソッドによりカスタムマイページのURLを取得します。

カスタムマイページに出力される会員情報を取得

上記で取得したページに含まれるデータを取得するためのプログラムを作成して実行すると、カスタムマイページに出力されている会員情報(mailとname)を取得することが出来ます。