SPIRALアプリセンター

SPIRALアプリセンターは、パイプドビッツがクラウド上で提供し、ユーザーやデベロッパーはアプリの受け渡し、バックアップ管理、バージョン管理を行えます。SPIRALアプリセンターを利用することで「アプリ」の著作権が明示でき、その信頼性が保証されます。

仕様

SPIRAL アプリセンターへのアクセス

SPIRALのログイン画面からログインし、「アプリグループ」内に設置されたSPIRAL アプリセンターのリンクボタンからアクセスできます。

リポジトリへのアクセス権限

SPIRALアプリセンターは、ご契約のSPIRALアカウントごとに管理されています。
SPIRALユーザーは、自分のアカウントに紐づいたSPIRALアプリセンターに「アドミン」としてリポジトリを作成できます。 また、ほかのアカウントのユーザーから各権限を付与されることで、そのアカウントが保有するリポジトリにアクセスできます。

名称 権限内容
アドミン権限(admin) リポジトリの作成、削除、インポート、コミットの許可
開発権限(rw) アプリのインポート、コミット
ユーザー権限(r) アプリのインポート

通知メール

以下の通知メールをSPIRALアカウントへ配信します。

  • 利用規約の同意
  • アクセス権限の追加
  • 変更
  • 削除
  • リポジトリ作成
  • アプリのインポートおよびコミット

制約事項

リポジトリを削除した場合、当該リポジトリ作成時に選択したアプリと同一のもので、再度リポジトリを作成することはできません。